キャッシュ ゲームのルール

1. 罰則およびエチケット

プレイヤーは常に一定水準の礼儀正しさが期待されます。 標準的なポーカー エチケットが適用されます。 PokerStars Live スタッフは独自の絶対的な裁量に基づいて、口頭での警告から PokerStars Live の全イベントおよび PokerStars Live が運営するキャッシュ ゲームからの退場に及ぶ罰則を科すことができます。

  1. 開示: プレイヤーは常に他のプレイヤーを保護する義務があります。 このため、ハンドに参加しているか否かを問わず、プレイヤーは次の行為を行うことはできません。

    1. ライブのハンドまたはフォールドされたハンドを開示すること。
    2. アクションが終了する前に助言またはプレイを批判すること。
    3. テーブルに置かれていないハンドを読むこと。
    4. 観戦者とハンドまたは戦略について話し合うこと。
    5. 外部から助言を求めたり助言を受けたりすること。
    6. 1 プレイヤー 1 ハンド ルールが適用されます。
  2. カードの公開およびマック: すでにフォールドしたプレイヤーにカードを見せてその後自らフォールドしたプレイヤーには罰則が科されることがあります。 これを目撃したディーラーはこのカードをマックと分けて保管し、ハンド終了時にテーブル全体にテーブルにこのカードを公開するよう指導されています。 こうした行為を繰り返すプレイヤーには罰則が科されます。

  3. 共謀: ポーカーは個人でプレイするゲームです。 ソフトプレイ、チップダンピングなどは許可されず、罰則が科される可能性があります。

  4. エチケット違反: エチケット違反を繰り返すプレイヤーはスタッフにより罰則が科されます。 例を挙げると、他のプレイヤーのカードやチップへの不必要な接触、ゲームの進行を遅らせる行為、順番を間違ったアクションの繰り返し、チップを撒き散らす行為、故意にディーラーの手の届かない場所にベットすること、余計なおしゃべりなどが含まれます。 また、大袈裟な身振りによる過剰な喜びの表現、不適切な行動または物理的行為、ジェスチャーまたは振る舞いに対して罰則が科される場合があります。 これらの違反には、他のプレイヤーのプレイ スタイルに対する罵倒行為やプレイヤーのゲームでのプレイに対する非難が含まれます。

  5. 汚い言語遣い: 他のプレイヤー、PokerStars Live のスタッフ、会場スタッフまたはその他のスタッフに対する暴言は許容しません。 プレイヤーまたはスタッフ メンバーに対する汚い、淫らな、または不快な言葉遣いは罰則が科される場合があります。 誰に対してでもなく汚い、淫らな、または不快な言葉遣いを繰り返すと罰則が科される場合があります。

  6. 参加者はすべてのゲームおよびトーナメントおよびゲーム エリア全域で礼儀正しく節度有る言動を心がけねばなりません。 他の参加者が不適切な行動をしているのを目撃した場合は、直ちにスタッフに知らせなければなりません。 これには、プレイヤーの衛生状態または健康状態がテーブルに参加する他のプレイヤーに悪影響を及ぼしている場合が含まれます。 プレイヤーの衛生状態または健康状態が他のプレイヤーに悪影響を及ぼしているかどうかの判断はスタッフが自らの裁量で行い、このようなプレイヤーが PokerStars LIVE Macau が満足できる方法で状況を改善することを拒む場合は、このようなプレイヤーに対して制裁措置を加えることができます。

  7. カードを意図的に壊す、破る、または傷つける行為を行ったプレイヤーには直ちにカードが配られなくなります。 カードが配られないのは不公平だと感じた場合は直ちにスタッフに対して問題を提起する必要があります。

  8. PokerStars LIVE やスタッフは、公式ルールまたはゲームの利に反する行為に対して PokerStars LIVE やスタッフの独自の絶対的な裁量に基づき罰則を科することができます。

  9. 罰則が科された後にゲームへの復帰が許可された場合、逃した金額またはブラインドは返金されません。当該ゲームのブラインド不参加に関する通常のルールが適用されます。

  10. PokerStars Live はゲーミング サービスの提供を随時拒否する権利を留保します。

  11. PokerStars Live はアルコール飲料の販売を拒否する権利を留保します。

  12. PokerStars Live はプレイヤーまたはディーラーの誤りによる金銭の不一致について責任を負いません。

  13. 責任の移転はありません。 盗難または自然災害によるチップ、金銭または個人所有物の損失について PokerStars Live は責任を負いません。

  14. PokerStars Live は利用者の行為またはその結果について責任を負いません。

2. ハウスの一般ルール

  1. キャッシュ ゲームへのサインアップを希望するプレイヤーは PokerStars Live アカウントを開設する必要があります。 詳細は現地で提供されます。

  2. プレイヤーはゲームのルールの範囲内で、ゲームからいつでも退席し、自ら選択した方法でベットすることができます。

  3. 空席待ちリストがあるゲームで、1 時間以上テーブルを離れていた (または離席中にテーブルが終了した) プレイヤーのチップはフロアパーソンがプレイから回収し、保管します。 チップはフロアパーソンともう 1 人のスタッフが集計し、署名し、保管します。

  4. 意思決定の手続:

    1. PokerStars Live マネジメントは、ルールの厳密な解釈とは反する場合も、ゲームの利益を最優先とし、プレイヤー全員に対する公平という精神に則った決定を行う権利を留保します。
    2. フロア パーソンによる決定はすべて公平なプレイのために行われ、これを最終決定とします。
    3. ゲーム内で想定外の事態が生じた場合は直ちにスタッフの注意を促す必要があります。 異議がある場合は次のハンドのためにデッキのシャッフルが行われる前に申し立てる必要があります。
  5. プレイヤーは常に自身のカードを保護する責任があります。 カードの上にチップ、カード プロテクターまたは手を置いて保護します。 ディーラーは保護されていない、放棄された、または捨てられたハンドはフォールドされたものとみなします。 プレイヤーがプレイする順番であるかどうかにかかわらず、ハンドの表が上の場合もそうみなします。 ハンドを保護するための妥当な措置を講じないプレイヤーは、ディーラーがハンドを無効とした場合もそれに異議を申し立てることはできません。 どのカードがハンドに属しているかについて疑いがある場合も、保護されていないカードが捨てられたカードに触れるとハンドは無効となります。 ディーラーは必要に応じてハンドを読むことを支援できますが、その場合もカードを保護するのはプレイヤーの責任です。

  6. ハンドが進行中はプレイヤーは英語のみ話すことができます。 ハンドをプレイ中にアクティブなプレイヤーが他の言語を話した場合、当該プレイヤーのホールカードを全員に見えるよう表を上にめくることができます。 ハンドが進行中にアクティブではないプレイヤーが英語以外の言語を話した場合、フロア パーソンは罰則を科すことができます。

  7. プレイヤーはポットにチップを投げ入れたり、意図する行動を隠すための行動をしてはなりません。 ディールは認められておらず、罰則が科される場合があります。

  8. これにはチョップ、「資金を取り戻すこと」または 1 回のハンドでポットに入れる金額もしくは獲得する金額を変更することが含まれます。

  9. プレイヤーは状況が該当する場合にブラインドを分割することがでます。

  10. ラビットハンティング: 最後のカードが配られる前にハンドが終了した場合、次に配られるカードはいかなる状況でも公開されません。 次に配られるはずだったカードを公開することは「ラビットハンティング」と呼ばれ、禁止されます。

  11. 次の場合にプレイオーバーが許可されます。

    1. プレイオーバーを希望する人が空席待ちリストの先頭の場合。
    2. プレイオーバーされたプレイヤーはゲームに復帰するまで 1 時間の猶予があり、それまでにゲームに復帰しない場合は当該プレイヤーのチップは没収され、当該プレイヤーの席には空席待ちリストの次のプレイヤーが着席します。
  12. 他のプレイヤーのチップを使用してプレイすることはできません。

  13. フロア パーソンの事前の承認なしに他のプレイヤーに自分の席を譲ることはできません。

  14. PokerStars Live では次の「テーブル ステーク」ルールを採用しています。

    1. ルール 28.3 で定める場合を除き、カードが配られ始めた時点でテーブル上にあるチップまたは現金のみがそのポットで有効となります。
    2. プレイヤーがゲームへの参加を終了するまでチップと現金はすべてテーブル上に置いておかなければなりません (カジノの製品やサービスの支払いに使用する分は除く)。 スタッド ゲームのアンティやその他のゲームの「ラッキー チップ」(ゲームでの最小単位に限る) を除き、プレイヤーはチップを手渡すことはできません。
    3. ハウス運営者がキャッシャーから移動中のチップは、ハウスが同意し、他のプレイヤーへの通知が行われたことを条件に、プレイで使用中として扱われます。 注文したチップを待っているプレイヤーにチップを手渡した場合、手渡されたチップはプレイビハインドとなります。
    4. プレイヤーはチップを購入する際に購入額を宣言する必要があります。 ハンドを要求し、プレイする金額を指定せずにそのハンドを見た場合、当該ゲームの最小バイイン額を超える金額をプレイすることはできません。
  15. ポットを分割して余りのチップが出た場合、大きなチップは常にゲームの最小単位に分割されます。 それでもチップが余る場合は次のハンドにチップが与えられます。

    1. ホールデムおよびオマハ: 時計回りでボタンに最も近いハンド。
    2. スタッド: ランクが最高のカードを含むハンド。ランクが同じ場合はスートのランクで決定 (スペード、ハート、ダイヤ、クラブの順)。
    3. ハイ/ロー ゲーム: ハイ ハンド。
  16. (新しいゲームではボタン、ゲーム ブレーク時は空席のために) プレイヤーがカードを引き、カードのランクが同じ場合はスートのランクにより決定します。スートのランクはスペード、ハート、ダイヤ、クラブの順となります。

  17. 空席待ちリストから呼ばれたプレイヤーは 5 分以内に姿を見せなければなりません。5 分以内に姿を見せない場合は、次のプレイヤーに空席は与えられ、姿を見せなかったプレイヤーは空席待ちリストの一番最後に移動されます。

3. プレイ ルール - バイイン

  1. 新しいプレイヤーがゲームに参加するにはバイインを全額支払わなければなりません。通常はビッグ ブラインドの 50 倍の金額です。

  2. 既存のプレイヤーはバイインの半額分のリバイを 1 回行うことができます。

  3. 既存のゲームでリミットが増額された結果、バイインが増額した場合、既存のプレイヤーはその時点でテーブル上にあるチップでプレイできます。 その後、プレイヤー全員に増額されたバイインが適用されます。

  4. Must-Move ゲームから同じリミットのゲームに強制移動させられたプレイヤーは、同額の資金 (最小バイイン額未満でも構わない) でプレイを続けることができます。自主的にゲームを変更したプレイヤーやブロークン ゲームから移動してきたプレイヤーは少なくとも最小バイイン額を支払わなければなりません。

4. プレイ ルール - ブラインド

  1. 新しいプレイヤーはカードが配られる前にビッグブラインドの額を置かなければなりません。どのポジションからも置くことができ、ビッグブラインドを待ったり、ボタンを購入したり、ストラドルすることができます。 ブラインドが通過したプレイヤーにはブラインド不参加ボタンが与えられ、ビッグブラインドを待つか、両方のブラインドを置くか、ボタンを購入しなければなりません。

  2. プレイヤーは「ボタンを購入」できます。 新しいプレイヤーやブラインド不参加ボタンのあるプレイヤーは、両方のブラインドを置いてスモールブラインドのポジションでゲームに参加できます。 ビッグブラインドの額は有効です。 そのハンドでは、ディーラー ボタンがプレイヤーのすぐ右隣に置かれ、他のプレイヤーはブラインドを置きません。 続くハンドでは、「ボタンを購入」したプレイヤーがディーラー ボタンのポジションとなり、ブラインドが通常通りプレイします。

  3. ブラインドはすべて「ライブ」です。 金銭は有効です。ブラインドを置いたプレイヤーはフロップの前にレイズすることができます (すでにベットの上限に達している場合を除く)。

  4. ビッグブラインドの左隣のプレイヤーは「ストラドル」を行うことができます。 ストラドルはライブで、ビッグブラインドの 2 倍です。 1 ハンドにつき 1 回のみストラドルを行うことができます。

  5. 両方のブラインドを逃したプレイヤーは、そのブラインドの合計と同等の額を置かなければなりません。 ビッグブラインドを超える額はデッドマネーとなり、ベットの一部ではなくなります。 スモールブラインド分はデッドマネーとなります。 唯一の例外はプレイヤーがストラドルを選択する場合です。 この場合はスモールブラインドを置く必要はありません。 ボタンの購入は許可されます。

  6. 新しいゲームの最初のラウンドでブラインドをプレイしないことは、先行するゲームでブラインドをプレイしないこととまったく同じです。 「Running it twice」は関与するプレイヤー全員が同意した場合にすべてのテーブルで採用できます。

  7. サイドポットに参加しているプレイヤーのみ Run it twice を希望する場合は、サイドポットについてのみそうすることができます (メインポットは常に最初のボードの勝者が獲得します)。

5. 席とテーブルの変更

  1. 新しいゲームでは、ディーラー ボタンの抽選が行われます。

  2. 新しいゲームが開始すると、空席待ちのプレイヤーが最初に着席します。 先着順で席が決定されます。

  3. ゲーム内での席の変更:

    1. (時計回りに) ブラインドから離れるプレーヤーは、移動したポジション数分のハンドを待機するか、再度カードが配られる前にビッグブラインドを置かなければなりません。
    2. 「ディールオフ (ディーラー ボタンのポジションでハンドをプレイした後に席を移動)」したプレイヤーは移動してブラインドが新しい席を 1 回通過するのを待ち、ボタンの後ろのポジションでブラインドを置かずにゲームに再参加できます。
    3. ブラインド不参加ボタンを持つプレイヤーが席を変更する場合は、両方のブラインドを置くか、ビッグブラインドまで待たなければなりません。
    4. 2 人のプレイヤーが席の交換に合意した場合、双方のプレイヤーに規則 45.a、45.b、45.c が適用されます。
    5. 複数の参加者が空席に着席することを希望していて問題が解決できない場合は、最も長くゲームに参加している参加者が優先されます。 それが判断できない場合は、最初に着席を希望したプレイヤーが優先されます。 それが判断できない場合は、カードを引いて誰が着席するか決定します。
    6. 空席待ちが可能なゲームで席が空くと、フロア パーソンは新しいプレイヤーのためにその席を確保する前に、着席しているプレイヤーにその席を希望するかどうか尋ねます。 テーブルの上にチップが置かれると、新しいプレイヤーを強制的に別の席に移動させることができなくなります。
  4. 別のゲームに移動するプレイヤーは当該ゲームのバイイン全額を支払わなければなりません。ただし、ブロークン ゲームから移動し、同じリミットの席を手に入れることができない場合は除きます。 不足しているバイインでゲームに参加するには、当該ゲームのリミットがブロークン ゲームと同等以下でなければなりません。

  5. プレイヤーが何らかの理由でテーブルを変更せざる得なくなった場合はブラインドを置く必要はなく、代わりにボタンが通過するのを待つことができます。

  6. 退席後 3 時間未満に同じゲームに戻るには、少なくとも退席時と同額のチップ (最小バイインを下回らないこと) を持っていなければなりません。

  7. プレイヤー全員に対する公平を期すため、ショート ハンド (5 人未満) に参加しているプレイヤーが別のゲームの席を要求した場合、フロアパーソンはプレイヤー全員が空席のためにカードを引くことを望むかどうか尋ねることができます。

  8. 参加者数が 5 人未満のゲームでアンティまたはブラインドを拒否してゲームがブレークする原因となったプレイヤーは、別のゲームの席の抽選に参加することはできません。

  9. サードマンウォーキング: キャッシュゲームで他の 2 人のプレイヤーがテーブルから離れている状況で席を立つプレイヤーを指します。 ハンド一巡の間に席に戻らなければならず、戻らない場合は空席待ちがあると席が没収されます。

  10. ゲームがブレークし、

    1. 同じリミットの他のゲームの空席が足りず、プレイヤー全員が着席できない場合、抽選で着席するプレイヤーを決めます。 「Missed Blind (ブラインド不参加)」ボタンや「Hold」ボタンがない不在のプレイヤーについてはフロアパーソンがカードを引きます。
    2. 同じリミットの他のゲームの空席が十分あり、プレイヤー全員が着席できる場合、ブロークン ゲームのプレイヤーに働きかけてブラインド不参加ボタンをすべて集め、既存のゲームに移転します。
  11. テーブルの変更にはフロアパーソンによる事前の承認が必要です。

  12. テーブルおよびゲームの変更は直ちに行わなければなりません。 これには、ビッグブラインドが来るまで残りのハンドをプレイしないプレイヤーが含まれます。 ただし、ブラインドのプレイヤーはブラインドとボタンのプレイを完了することができます。

6. 休憩

プレイヤーはいつでもゲームを離れることができるため、休憩に関する具体的なガイドラインが必要です。 ガイドラインの内容は次の通りです。

  1. 離席は最長 1 時間とします。 それよりも長く離席すると、満席のゲームで空席待ちがある場合は直ちにチップが取り上げられます。 満席ではないゲームでは、着席しているプレイヤーが離席しているプレイヤーの席を要求した場合または満席になると離席しているプレイヤーのチップが取り上げられることになります。

  2. 退席を繰り返していると、前述の時間が過ぎる前にチップが取り上げられることがあります。

  3. PokerStars Live キャッシュ ゲームでは「サードマンウォーキング」ルールを採用します。 2 人のプレイヤーがすでにテーブルから離席している状況で退席する 3 人目のプレイヤーはテーブルが一巡するまでに戻らねばならず、戻らない場合は待機リストの次のプレイヤーに席が与えられる可能性があります。 ディーラーはサードマンウォーキングが発生したことをプレイヤーとフロアパーソンに通知するよう指導されています。