トーナメント ポーカー ルール

PokerStars Live トーナメントは Poker Tournament Directors Association (TDA) のルールおよびガイドラインに従って運営されます。TDA のルールの詳細はこちらでご覧になれます。

言語を問わず当サイトで発行されているバージョンと矛盾があった場合は TDA ルールを優先するものとします。

注意: 現行の TDA ルールからの逸脱または追加は下で強調 (太字) しています。よくお読みください。

 

セクション: 着席、休憩、テーブルの座席配分

  • ルール: 無作為で正しい席に着席

トーナメントおよびサテライトの座席は無作為に割り当てられます。正しいチップ量を持って間違った席でプレイを開始したプレイヤーは、現在のチップ全量を持って正しい席に移動します。テーブルと席の割当を受け取ったプレイヤーは、席番号がすべて売却されると、スタックがプレイに投入されます。

例: プレイヤーがテーブル 4 / 席 8 を受け取る場合、席 8 がすべて売却されると、トーナメントのすべての席 8 のスタックがプレイに投入されます。 

  • ルール: ファイナルテーブルのプレイヤーの数

ファイナルテーブルでは 10 人制のイベントでは 10 人、9 人制のイベントと 8 人制のイベントでは 9 人、7 人制のイベントと 6 人制のイベントでは 7 人が着席します。ファイナルテーブルは 10 人を超えるべきではありません。このルールはヘッズアップ イベントには適用されません。

 

注意: 以下は PokerStars Live イベント独自のルールです。よくお読みください。

セクション: 警告、罰則、失格

A: 執行方法には口頭での警告、「ハンドを欠席」または「ラウンドを欠席」の罰則、あらゆる PokerStars Live イベントからの除外・失格があります。「ラウンドを欠席」については、違反者はテーブルの同席者全員 (自身も含む) について 1 ハンドを欠席します。罰則対象のラウンド数分を欠席します。違反を繰り返すと罰則が段階的に厳しくなりますが、常に厳しい順に科されるわけではありません。プレイヤーは最初の違反に対して幅広い種類の罰則が科されることがあることを知るべきです。テーブルから離れているプレイヤーまたは罰則が科されているプレイヤーはアンティまたはブラインドの支払いによりチップ全額を失ってトーナメントから退出することがあります。

B: エチケット違反 (ルール 70)、アクションが未定の状態でのカードの公開、カードの投げ捨て、One-Player-To-A-Hand (自分のハンドをプレイする) 違反または同様の出来事に対して罰則が科されることがあります。ソフトプレイ、暴言、ゲーム進行の邪魔、不正行為に対して罰則が与えられます。リバーで最後にプレイする順番で単独で唯一のナッツを持っている状況でチェックしても自動的にソフトプレイ違反とはなりません。トーナメント ディレクターが状況に応じて裁量します。

C: 罰則を科されたプレイヤーはテーブルから離れなければなりません。カードは席に配られ、ブラインドとアンティはポストされ、ハンドは最初の配札後に無効となります。スタッドのブリングイン カードが配られた場合はブリングインをポストしなければなりません。

D: 敗退したプレイヤーのチップはプレイから取り除かれるものとします。敗退したプレイヤーは賞金を受け取る資格があります。敗退したプレイヤーのチップはプレイから取り除かれるものとします。敗退したプレイヤーは賞金を受け取る資格があります。

E: トーナメントの所有物: PokerStars Live トーナメント チップに現金価値はなく、PokerStars Live の独占的所有物であり、トーナメント エリアまたはイベントから持ち去ってはなりません。チップをあるイベントから別のイベントに持ち出している、またはあるプレイヤーから別のプレイヤーに譲渡していることが発覚したプレイヤーには、PokerStars Live の全ライブ イベントの出場資格剥奪および退場を含む罰則が科されます。

F: ほかの人が不適切な行動をしているのを目撃した場合は、直ちにトーナメント スタッフに知らせなければなりません。これには、プレイヤーの衛生状態または健康状態がテーブルに参加する他のプレイヤーに悪影響を及ぼしている場合が含まれます。プレイヤーの衛生状態または健康状態が他のプレイヤーに悪影響を及ぼしているかどうかの判断はトーナメント スタッフが自らの裁量で行い、このようなプレイヤーが PokerStars Live が満足できる方法で状況を改善することを拒む場合は、このようなプレイヤーに対して制裁措置を加えることができます。

G: テレビ放送されるテーブルおよびホールカード: ウェブキャストまたはテレビ放送されるトーナメントに出場するプレイヤーは撮影スタッフに協力するよう求められます。これにはホールカードをテーブル上のカード カメラに示すことが含まれます。これに従わない場合、罰則が科せられることがあります。

    2. PokerStars Live: その他の情報

    1. 1: 電子機器および電子通信 – 追加のガイダンス

      疑義を避けるために付言すれば、電子機器は以下の既知および未知の機器を含みますがこれらに限定されません。電子機器をテーブル (ポーカー テーブルのあらゆる部分を含む) に置くことは認められません。プレイヤーはレールに物品を置くことができます。

        1. 電話、タブレット、ラップトップ: 参加者はこれらの機器をテーブルで使用できますが (通話は除く)、ハンド中は使用できません。 
        2. Periscope、Twitch など: プレイ中にアプリまたはその他の種類の放送機能を使用してトーナメントを放送することはできません。
        3. テレビ撮影対象テーブルまたはメインイベントのファイナルテーブルでの電子機器の使用は認められません。

      2: 賞の分割 (ディール)

      開催地のゲーミング規制に反しない限り、すべての会場でディールを行うことができます。ディールはメディアに報告されます。

      3: イベントまたはトーナメントを中止する権利

      PokerStars Live はイベントの開催会場のカジノと共に、イベントまたはトーナメントを単独かつ絶対的な裁量により中止または変更する権利を留保します。

      4: トーナメントを中止する権利 (最低参加者数)

      PokerStars Live はイベントの開催会場となるカジノと共に、開始までに参加者数が最低人数の 10 人に満たないトーナメントを中止する権利を留保します。

      5: 保証を中止する権利

      PokerStars Live はイベントの開催会場となるカジノと共に、PokerStars Live の合理的な支配の及ばない事態、作為、不作為または事故の結果、トーナメントへの出場に影響をきたす場合に賞金プール保証を中止する権利を留保します。このような事態には火災、洪水、地震、台風やその他の自然災害、戦争、戦争危機、テロ、紛争、内乱や暴動、法による規定に自発的・義務的に従う必要がある場合 (ライセンスや認可を取得できなかった場合や法・法の解釈の変更を含む)、火災、爆発、事故による損害、悪天候 (例: 台風警報レベル 8 以上) を含むがこれらに限定されない天変地異があります。 

      6: TV ファイナルテーブルでのディール

      イベントのファイナルテーブルでプレイヤーがディールを協議するために時計を一時停止するよう依頼すると、テレビ放送が短い間中断され、その間にトーナメント ディレクターが関連する全情報すなわちプレイヤーの氏名、告知されていたペイアウト、現在のチップ量などを集計し、ICM (Independent Chip Model) およびチップ チョップ (CC) の数値を計算するよう手配します。こうした情報を明記したシートを印刷したものが準備されます。 

      この情報の提示後:

      1. ディールはファイナルテーブルで行わなければならず、撮影されます。
      2. ファイナルテーブルのエリアを立ち去ることができませんが、手伝ってくれる人 1 名をテーブルに招くか、電話で連絡を取ることができます。 
      3. ディールに合意する前に残りの賞金プールの 10% を取り分けておかなければなりません。
      4. イベントに来場していてその後報告をするメディアを含めたメディアはディールの全詳細を報告します。
      5. プレイヤーにはディールを協議して決定に至るために最長 10 分間が与えられます。10 分間が経過後した時点でプレイヤーがまだ合意に達していない場合はトーナメント クロックが再始動され、プレイヤーはプレイを再開します。

    PokerStars Live についてのよくある質問

    PokerStars Live についてのよくある質問

    イベントに関してわからないことがあったらこちらをご覧ください。

    ダウンロードして参加

    ダウンロードして参加

    PokerStars Live イベントに参加したいならさっそく PokerStars または Full Tilt をダウンロード。